街コンに参加して分かった私の結婚観

街コン

街コンという文化が始まってから、遊びがてらに飲み会に参加していました。

特に女性は普通に飲みに行くよりも安く色々なお店に行けるので、途中からは飲み会といえば街コンに友人や同僚などと参加してみました。

当日は安く楽しく、時には彼氏を探しながら飲んでいました。

 

しかし、三十路を前に不意に結婚という言葉が現実味を帯びてきました。

今まで結婚相手を求めて街コンに参加しているような人を見て、大変だなーと思っていましたが、まさか自分がその立場になるとは…。

その時に、これまでの街コンで言い寄ってくれた歳上の男性などが惜しくなってきてました。

でもまた巡り会うなんてあり得ない確率の街コンなので、目的を変えて参加することにしました。

飲み会を安く済ますことを主な目的として参加していましたが、もし理想の男性がいたらということを見ながら参加することにしました。

 

参加して分かった街コンの実態

やはり参加する方は年齢も職業もまちまち。

そのなかで私は街コンで出会った方から3人ほど、その中の一人とは結婚を前提でお付き合いをしました。

やはり街コンで思ったことは、年齢などをある程度偽りやすいということです。

結婚相談所や婚活パーティーなど、身分をしっかりと開催者などに提示をすることを求められているものと違い、街コンとはたまたま出会う合コンのようなものなのです。

相手が偽り、一緒にいる友人たちにも口裏合わせをされてしまうと、それ以上の情報を得ることができないのです。

私は二人、5歳ほど年齢を偽られて、一人には職業を偽られました。

年齢に関してはその通り。

私が28歳だというと、自分は35歳だと言っていた方が40歳。

同い年だと言っていた方が35歳でした。

そのうち40歳だった方は別れた後に知ったのですが、奥さんもお子さんもいたようです。

街コンで女の子を探す気持ちの若い方なので、見た目も若く見えて、なかなか見破れないものでした。

 

もう一人は、電力会社でのお勤めを10年ほどしているということでした。

会っているうちに身なりや食事をしたときの選ぶお店や振る舞いで少し疑問があり問い詰めたところ、その電力会社の下請け会社の派遣を昔にしたことがある、ということでした。

ちなみに今は工場での派遣をしていたようです。

10年という点を除けば嘘を付いているわけではないのでしょうが、ものは言いようですよね。

こう言った嘘や言葉のあやを言いやすいのが、街コンだと思います。

むしろ合コンの方が、男性側とつながっている女の子が一人はいるわけですから、安心できるかもしれません。

街コンでの本気のお付き合いをされるには、本当に自分の見る目がなければ、私のように簡単に行ってしまうと嫌な思いをしてしまうかもしれません。

 

 

安全に利用できる婚活サイト

安全な婚活サイト

安全に利用できる婚活サイトの特徴について考えみました。

「チャペルの雰囲気がすばらしく、思わずうっとりしてしまいました。
懇切丁寧に話しているスタッフの暖かさにも出会えると思いました」

こういう言葉を自分のことのように思えるということは、非常にうれしいことでもあるのです。

懇切丁寧に話しているスタッフの暖かさに浸ることができる婚活サイトの多くは、安全であるとされているため、上手に利用していくことが大切です。

 

また、雰囲気を上手に取り入れている自然にやさしいタイプが好みであるというようなデータが婚活サイトでははじき出されているので、こういう要素も逐一チェックしていくようにしていくことが賢明なのです。

安全に作業を遂行していくことができるよう、多くの人が満足しているようなプランを婚活サイト側が提供していくようにすることも必要となるのです。

それから、他人に勧めることもできるような箇所を増やしていくようにすることにより、各々のシーンをドラマチックに演出して行くような方向にもつなげていくことが可能となるのです。

 

一方で、訪れる人をココロからもてなしてくれるような出会いの場というものもこの国では必要な存在となっています。

アットホームな雰囲気を大事にすることが重要です。

そんな婚活サイトを見つけるのに利用したサイトがコチラでした。

婚活サイト料金比較
http://binan.biz/
失敗しない婚活サイトの選び方を紹介!

参考になる情報が掲載されているので、チェックしてみて下さい。

 

最近の私が思う私の結婚観

最近の私の結婚観についてをお話します。

私もいつかご縁があれば結婚をしたいと思っています。

まず私の求める男性像ですが、一番は優しくていざという時に頼りがいのある男性がいいです。

外見にも全くのこだわりはありません。

好きになった人が私のタイプですね。

好きになった男性

普段は無口なのですが、ここぞという時に私のことを叱ってくれたり、アドバイスをくれたりする人を望みます。

将来は女の子2人を産んで、週末になったら旦那さんと子供で近所の公園に遊びに行くのが夢ですね。

たまには、車でドライブしながらお弁当を持って、動物園へ行くのも楽しそうでいいですよね。

子供たちが旦那さんと楽しそうにじゃれ合いながら遊んでいる姿を今は想像ではありますが、それを考えるだけでも心が癒されます。

そんな普通の幸せが私の結婚観です。

私の周りの友達は、すでに結婚をして子供を産んでいる子もいたります。

私の結婚観も、想いを抱き続ければ叶う日がくることを願いながら一日、一日を大事に過ごしていけたらと思うのです。

 

私の結婚観は古い?

私の結婚観を今さらあらたまってゆうのは恥ずかしい気もするのですが、一言でいうと守ってあげたいと思う女性と結婚したいと思っています。美しくて気の強い女性より個性的で女性としてのかわいらしさが見え隠れするような相手を選びたいと思います。結婚してからは、私は古い人間なので亭主関白でいたいと思っています。亭主は亭主関白でそのかわり奥さんを大事にするという感じです。中身はどうであれ夫に亭主関白だと思わせていれば良いわけで、その点うちの家内はうまくやっているような気がします。有名な歌謡曲にも亭主関白の歌がありますが、ほとんどがその詩の通りにやれればいいなと思っています。やはり、私の結婚観は今の時代にはあってないのかもしれません。最近の女性は強くなってきて、反対に軟弱になってきている男性を見ていると少し腹が立ったりします。今から私の結婚観はかえられませんが、二人の娘にはそうあってほしいし、そうゆう相手を見つけてほしいと思います。

基本的に専業主婦でいたい

私の結婚観と言えば大金持ちでなくても良いから、生活に困らない程度の生活が出来て、お互いの両親とも仲良く出来て子供にも恵まれて、子供が独立しても夫婦が仲良く過ごせたらと思います。私の両親の様な結婚生活が出来ればと思いました。ビジョンと言う程のものは持っておりませんが、もし結婚するのであれば、やっぱり金銭面であまり苦労したくはないです。出来るだけ心身とも穏やかに過ごせて、苦の少ない人生がいいです。心の通い合っている、一緒にいて落ち着ける相手を望みます。それが私の結婚観です。専業主婦でいさせてくれる旦那さんであり、主婦であるだけで、経済的余裕がないと、自分の好きなことが出来なくなってしまうので、ここは、重要なポイントだと思います。思い描いているビジョンは、沢山ありますが、現実は、なかなかそうは、いかないですね。でも、なるべく、自分の描いたビジョンに近い結婚をしたいと思っています。それも私の結婚観のひとつです。

私の結婚観の理想

私の結婚観は、夫婦いつでも隠し事のない仲の良い生活が出来る事です。私は、好きな人と結婚して子供が出来たら一番望ましいのです。こればかりは授かりものなので、あくまでも理想なのですが、兄弟姉妹の多い家族を作ることがベストです。私の結婚観は、仲の良い夫婦を見て大人になったらこうなりたいという事が理想です。結婚した時の理想がない人はいないはずです。理想があるから結婚観も広がります。良くテレビの宣伝で老夫婦が、買い物帰りに手を繋いで歩いている宣伝がありましたが、まさにそれは、誰でもが憧れた光景でした。子供は親の背中を見て育つので、喧嘩の多い夫婦よりもいつも仲の良い夫婦のほうが良いはずです。私の結婚観は、良いパートナーを見つける事が第一条件です。好きな人と結婚するのも良いのですが、結婚する人と好きな人は別と考える人もいます。打算的かもしれませんが、お金のある人と結婚したいと言う人がいますが、意外にそのようなことを聞くと驚愕させられます。

私の結婚観

私の結婚観について、ふと考えてみました。夫と妻と子供たち、甲斐性があって、妻である私と子供達を大事にしてくれるような理想的な夫であれば、理想的と言えるでしょう。20代で結婚し、子供が2、3人いて、一戸建ての家に住み、家事に専念できて家はいつもピカピカで、美味しい料理を家族みんなで食べ、休日は、家族みんなで映画やキャンプや遊園地に出かけて、楽しく過ごす、まさに理想的な私の結婚観であるといえるでしょう。しかし、実際は、私の結婚観は実現出来ません。年齢も、もう20代ではないし、掃除も料理も得意では無いからです。理想的な私の結婚観は、もう無理だと言えるでしょう。それならば、現実的な私の結婚観は、どうでしょうか。考えると暗くなってきそうですが、まずは、前向きに考えてみると、理想の結婚相手を求めるのでは無く、まずは自分が理想的な結婚相手になる努力をすればよいといえるのではないでしょうか。年齢は無理としても、掃除や料理など、努力出来ることはあると思います。