私の結婚観

私の結婚観について、ふと考えてみました。夫と妻と子供たち、甲斐性があって、妻である私と子供達を大事にしてくれるような理想的な夫であれば、理想的と言えるでしょう。20代で結婚し、子供が2、3人いて、一戸建ての家に住み、家事に専念できて家はいつもピカピカで、美味しい料理を家族みんなで食べ、休日は、家族みんなで映画やキャンプや遊園地に出かけて、楽しく過ごす、まさに理想的な私の結婚観であるといえるでしょう。しかし、実際は、私の結婚観は実現出来ません。年齢も、もう20代ではないし、掃除も料理も得意では無いからです。理想的な私の結婚観は、もう無理だと言えるでしょう。それならば、現実的な私の結婚観は、どうでしょうか。考えると暗くなってきそうですが、まずは、前向きに考えてみると、理想の結婚相手を求めるのでは無く、まずは自分が理想的な結婚相手になる努力をすればよいといえるのではないでしょうか。年齢は無理としても、掃除や料理など、努力出来ることはあると思います。